ハワイ旅行記#2・オーガニックなスーパー「Down To Earth」

DSC00726 (1)

動物性食品を全く摂取しない、完全なベジタリアンになって約3年。全く病気もせず(海によく入るので、昨年中耳炎になりましたが)、果物、野菜、豆類中心の食生活では、どんなに食べても体重は50キロ前後で変わりません。冗談ではなく、20代の時より体力には自信があります。 “ハワイ旅行記#2・オーガニックなスーパー「Down To Earth」”の続きを読む

ハワイ日記#1・PAGODA HOTEL

2年4ヶ月ぶりのハワイ旅行。今回は本格的にベジタリアンになって二度目のハワイということで、キッチン付きのホテルをリクエストしてみました。
過去に何度かキッチン付きのコンドミニアムに泊まったことはありましたが、今回は「オーガニックな自炊をする」というはっきりしたテーマがあります。

旅行会社に「キッチン付きのホテル」とリクエストしたら、「キチネット付きのホテルは・・・」という答え方が返って来て、初めて「キチネット」という言葉を知りました。調べてみると、

「キチネットとは、ホテルの客室にある簡易的なキッチンのこと。コンドミニアムで一般的なフルキッチンよりも、キッチン用品や設備が少ない。キチネットでは、電気コンロやガスコンロが1台と小さなシンク、電子レンジ、コーヒーメーカなどがあるが、ホテルや客室により異なる」
という感じです。

アラモアナ・エリアで、そんなに高くないところで・・・というリクエストで選んでもらったのが、今回のPAGODA HOTEL。1964年に出来たということで、けっこう古いけど、僕はアーリーアメリカンなテイストが好きなので、とても好みです。

キチネットはこんな感じ。DSC00435

包丁やまな板、鍋類や、最低限の食器類も揃っているので、食材を買ってくればすぐに使えます。巨大スーパー、Walmartまで歩いて数分なので、すぐに果物などを買って来てキッチン並べると、急に生活感が出ますね。安心します。

ハワイの人はジャンクばかり食べているようなイメージがありますが、こちらのスーパーは野菜も果物も日本よりもはるかに豊富です。農薬使用量が世界第3位の日本に比べれば農薬の使用量も圧倒的に少ないと言われているし、ホールフーズマーケット(Whole Foods Market、アメリカテキサス州を本拠地とするナチュラル&オーガニック系食料品のスーパーマーケット・チェーン)などに行けば、無農薬の野菜も日本よりも手に入りやすいです。

DSC00434

この日の夕食は、スーパーで買ったカット野菜とオレンジに、日本から持参した「緑豆」を鍋で炊いて潰して作った、山口家特製「緑豆ハンバーグ」。味付けは

「しいたけパウダー」を使い、塩分はゼロ。海苔で野菜と一緒に手巻きにしてよく噛んでいただきます。塩分ゼロのローフードにして、初めの頃は物足りなかったけど、慣れれば素材の美味しさだけで食べられるようになりました。塩分も多少は大事、というけれど、自然界の動物で「精製された塩(Nacl)を摂取するのは人間ですからね。人間も、本来は食べ物に含まれるミネラルだけで十分なんだそうです。

DSC00430

 

外食をしても、玄米を出すレストランも多いし、オーガニック系の店も実は多いのです。次回はそのあたりもレポートしてみようと思うので、お楽しみに。

PAGODA HOTELへのリンクはこちら!

初めてのイチゴ

遂にイチゴを収穫しました。現在、茅ヶ崎と藤沢の2箇所で畑をやっていますが、藤沢の方はビニールハウスもあるので、こちらの方が早いです。この日は朝7時前に畑に行って、採りたてのイチゴと、持って行ったリンゴで朝食。

ウクレレも持って行って、ビニールハウスの植物たちに生演奏を聴いてもらいました。甘くなるかな?

植物は嘘をつかないからいいね。人間みたいに悪口を言ったりイヤミを言ったりしないしね(笑)。

ここのところ、人間関係でちょっと疲れることが続いたので、畑で植物たちと触れ合うとホッとします。

IMG_1398 DSC00390 DSC00389 IMG_1393

今日は母の誕生日。

 

今日、4月25日は僕の母、智子さんの80回目の誕生日です。もし生きていれば、です。僕の母は56歳で亡くなりました。胃ガンでした。ガンがわかり、「あと数ヶ月の命」と言われた時に、僕が真っ先に思ったことは、「自分の弁当箱くらい、自分で洗っておけばよかった」という事でした。
 
高校の時、家に帰ると僕は弁当箱をカバンから出して、いつも台所のテーブルにポンとただ置いていました。母はそれを毎日洗っては、翌日また弁当を詰めて僕に持たせてくれたのです。母が毎日僕の弁当を洗う時間はほんの数分だったかもしれませんが、3年間だと相当な時間になったでしょう。もし僕が、母の人生がこんなに短いと知っていたなら、弁当くらい自分で洗っておけばよかった、と僕は心の底から思いました。母の貴重な時間を、僕の弁当箱を洗う時間に使わせてしまった、と僕は後悔したのです。
 
人はみな、限りある人生を生きています。そして、時々それを忘れて貴重な時間を無駄にしてしまう。若い頃は、人生は永遠に続くような気がしますが、50歳を過ぎれば、誰もが親や友人たちが亡くなることを経験し、人生はそんなに長くはないことを感じ始めます。
 
あと2年で、僕は母の年齢を超えてしまいます。自分よりも母が年下になるなんて、変な気持ちです。
 
まだ親が生きているみなさんは、どうか生きているうちに親への感謝を伝えてください。病気をしないように、食べ物に気をつけてください。酒を飲んで無駄な時間を過ごさないでください。
 
智子さん、80歳のお誕生日、おめでとう。僕に人生を与えてくれてありがとう。いつか違う世界であなたに会えることを信じています。
 
Today, April 25th is my mother Tomoko’s 80th birthday If she is still alive.My mother passed away at the age of 56 by stomach cancer. The thing that I first thought when I got to know she is cancer and she will be dying in few months, was that “I should have washed my lunch box by myself”.
 
When I was in high school, when I got home I took out a lunch box from my bag and always just put my kitchen table.My mother washed it every day and packed the lunch again the next day and let me have it.
 
It may have been only a few minutes for my mother to wash my lunch every day, but for three years for my high school days, it would have been a long time.
 
If I knew that my mother’s life was such a short, I thought from the bottom of my heart that I should have washed my lunch box by myself. I regretted that her valuable time was used to wash my lunch box.
 
Everyone lives a limited lifetime but sometimes we forget it. When we were young, a life feels like it will last forever, but after the age of fifty, everyone experiences about parents and friends dying and starts to feel that a life is not so long.
 
In another two years, I will exceed my mother’s age. It will be strange feeling that my mother will be a younger than me.
 
If your parents are still alive, please tell your appreciation to your parents while they are alive. Please take care of the food so as not to get sick. Please do not waste time drinking alcohol.
 
Tomoko, congratulations on your 80th birthday. Thank you for giving me a life. I believe that I will meet you someday in a different world.
 
1966年、僕の生まれ故郷山形県天童市の舞鶴公園にて。左から、父、僕、母、昨年亡くなった母の妹、恒子。

山口家_20160703.jpg

1966年、僕の生まれ故郷山形県天童市の舞鶴公園にて。左から、父、僕、母、昨年亡くなった母の妹、恒子。

今日の晩ごはん

一日一食にして約二週間が過ぎました。

今日の晩ごはんは、山形名物・納豆汁と、お惣菜。

IMG_9995

納豆汁の具は、

1、納豆
2、うちの畑の採りたてネギ
3、大根(近所の農家)
4、にんじん(近所の農家)
5、ワラビとぜんまい(山形の、水煮)
6、こんにゃく(群馬)

味噌は去年仕込んだ自家製です。

おかずは、

1、蒸し焼き野菜
2、黒インゲン豆の水煮
3、大根の煮浸し

IMG_9996

お米は今日はなし。米を食べるのは週に2回くらい。

タモリ、ビートたけし、三枝成彰、福山雅治など、「一日一食」の有名人は結構いるのです。オバマ元大統領も一日一食だったとか。

もの凄く体を使うような仕事をしてるのでなければ、50過ぎたらこれくらいで十分。ここ3年くらい、調子の悪い日は一日もなし!

今日、畑で収穫したネギ。

 

IMG_9984採りたてのネギは甘くて最高です^^