山形県村山市袖崎で、さくらんぼ狩り

山形県天童市に帰省しています。今日(6/23)は、村山市袖崎、永井さんのさくらんぼ畑でさくらんぼを取らせてもらいました。こんな感じのところです。JRの駅(無人駅だけど)から、車でわずか数分でこんなロケーション。

ここ村山市は、僕が高校時代を過ごした場所です。僕が卒業した山形県立楯岡高校は、現在、中高一貫教育の「山形県立東桜学館中学校・高等学校 」になっています。

こんな感じで実っています。

丁寧に摘んで、「ハゲゴ」に入れます。永井さんに借りた、ハゲゴ。ちっちゃくて

可愛いよね。気に入っちゃった ♪

これ、セカンドバッグとして街でも使えそう。山形では「ハゲゴ」といいます。「ハケゴ」でもいいです。

ハシゴに登る。大学を中退してミュージシャンになるまではエアコン工事のアルバイトをしていて、散々ハシゴには登ったからね、バッチリ。痩せてよかった!と思える瞬間。

 僕が山形で過ごしたのは高校3年までのたった18年間。9月で54歳になるから、もう36年も東京、神奈川で過ごしていることになる。そうか、山形で暮らした倍の時間を関東で過ごしているんだな。

昨日、叔母(母の妹の、恒子)の一周忌法要があったんだけど、お寺でのお勤めの時に配られた冊子にこんな言葉があって、思わず写真を撮ってしまったんだけど……。

「人生は長さだけではない。幅もあれば、深さもある」

……なるほど。本当にそうだよなあ。山形で過ごした18年の深さは、とてつもなく深いんだよなぁ。まっさらな子供の心に深く染み込んだ山形の言葉、暮らし。

「本当の気持ち」を言い表すのは、未だに山形弁の方がしっくりくるもんな。

故郷の自然、人、言葉。ま、「風土」ってことだけどさ。若い頃には全く価値を感じなかったものが、今の僕には何よりも大切に感じるよ。

これも、故郷を遠く離れて何十年も暮らしたからわかることでね。

健康だってそう。体を壊して初めて健康の有り難みがわかるんだな。

人間だってそう。失くして初めて、その人の有り難みがわかるんだ。

尊敬する、佐野元春さんの「君が一緒でなけりゃ」の歌詞を思い出すよ。

「君が一緒でなけりゃ」

人間なんてみんなバカさ

いくら語ってもたりないぜ

人間なんてみんなバカさ

やがて海は燃えるだろう

やがて森は枯れるだろう

生き残ったってうれしくないのさ

君が一緒でなけりゃ

君が一緒でなけりゃ

人間なんてみんなバカさ

大地を征服したいだろう

人間なんてみんなバカさ

やがて命は朽ちるだろう

そして聖者は祈るだろう

虹がかかってもうれしくないのさ

……さくらんぼだってね、誰かと一緒に食べるから美味しいのさ。

一人で食べても、きっと誰かを思い出してるのさ。

本当に大切なものって、近すぎて見えないことが多いんだね。

若い頃は遠くばかりを見ていたけれど、年を取ると近くのものが見えてくるんだなぁ。近くの文字は見えなくなるんだけどさ(笑)有り難みはよくわかるようになる。

じゃあ、また!

出荷準備中の、永井さん家のさくらんぼ。

弟からのプレゼント!?

昨日6月9日は弟の誕生日でした。生きていれば、です。弟は34歳の時に心臓発作で亡くなりましたが、もし生きていればちょうど50歳を迎えていたことになります。

母や弟の誕生日、命日には、何か見えない世界からメッセージでも来ないかな、といつも思ったりするのですが、残念ながら今まで特にそれらしいものがあった事はありません。

昨日のことです。茅ヶ崎のポレンさんでのレッスンの帰りのこと。いつものように、茅ヶ崎市東海岸のポレンの駐車場を出て、通称「鉄砲道」と言われるバス通りを車で自宅方面に向かっていました。鉄砲道から「浜見平南口」の信号を左折して、「居酒屋・かんべえ」のところに差し掛かった時に、右の狭い道から小学校4年生くらいの男の子が自転車で勢いよく車の前に飛び出して来ました。

間一髪、急ブレーキをかけて事故は免れましたが、かなり危なかった!19歳の時に免許を取って、もう35年になるけど、こんな危ないのは初めてでした。急停車した後も、しばし呆然としてしまって、後ろからクラクションを鳴らされるまで動けなかった。

こちらはいつもの道で、レッスンの帰り、トロトロと走っていたのですが、事故っていうのはこちらがいくら気をつけていても、起こるときは起こるんだな、と改めて思った。考えてみれば、これだけ車やバイクや自転車が走り回っている世の中で、よくまあ、今まで事故も起こさず、事故にも会わずに済んで来たものだ、と思います。最終的には、すべて「運」としか言いようがありません。

その後しばらくして、

「これは、弟が守ってくれたのかな」

と、思ったのです。ほんのコンマ何秒かズレていたら、間違いなくぶつかっていた。そんなに大事故にはならなかったと思うけど、いくら向こうが飛び出して来たといっても、人身事故になってしまったら、どうしても車が悪いことになってしまうから、しばらくはいろんな処理に時間を取られて、精神的にも参ってしまって、今取り掛かっているニューアルバムの作業にも支障が出たに違いありません。

ああ、今日はマコトの誕生日だもんなぁ。ほんとはぶつかってたんだけど、あいつが「兄貴も、今日は俺のことを思い出してくれてるだろう。僕の誕生日に人身事故じゃ、縁起が悪い」って思って、ちょっとだけズラしてくれたのかな。うん、多分そうだろう、そうに違いない。マコト、ありがとうな。

ま、都合のいいように考えてるだけで、ただの偶然かもしれないけど「弟が守ってくれた」って考えた方が気分がいいからね、そういうことにしよう。

亡き母と、亡き弟。山形の由良海岸にて。弟は2歳くらいかな。という事は、母はまだ32歳くらい。昭和44年頃の写真です。

去年の弟の誕生日に書いた記事です。

今日6月9日は僕の弟の誕生日

 

 

 

ハワイ旅行記#3 ここはハマった!「Hi-Blend」

ハワイにはオーガニック系のカフェがたくさんあります。たくさん、はないかもしれないが、対面積比、対人口比から考えれば日本よりはるかに多いといえます。

「オーガニックカフェ」で検索して見つけた、人気のオーガニックカフェ「Hi Blend」は、たまたまパゴダホテルから歩いて数分のところにありました。Walmartの向かい側の、小さな店が集まってちょとしたモールになっている一角にあります。今回はレンタカーを借りていなかったので、これはラッキー!でした。他の島はレンタカーがないとかなり不便ですが、オアフ島の場合は、なくてもなんとかなります。車がないといけないところもたくさんありますが、宿泊先で停めるのがめんどくさい。

最近はどこでもホテルの人に鍵を預けて出し入れしてもらう「Valet Park」が多いので、その度にチップは要るし、場合によっては結構待つし、意外とストレスなのです。以前、シェラトンに泊まった時は、毎回タワーパーキングのかなり上の階まで上らなくちゃならなくて、なかなか大変でした。そんな訳で、今回はホテルの駐車場があったんですが、久しぶりに車なしのオアフ島を楽しんでみることにしたのです。

自家農園で有機栽培した野菜を使っている、というようなことが書いてあります。僕、写っちゃってますが。

メニューはこんな感じ。

お客さんはローカルの若者ばかりで、僕は5回くらい行ったけど、日本人には一度も会いませんでした。なので、店内には一切日本語標記はなく、店の人もかなり早口で、完全にアメリカな感じなので、初めての方はネットでメニューを見て予習して行ったほうが良いかもしれませんね。

スムージー、アサイボール、ラップサラダなど、自家農園の無農薬野菜を使ったメニューがたくさんあります。アサイボールも、動物性のヨーグルト以外に、アーモンドミルクを使ったものなどが選べます。

カウンターでオーダーすると、

「For here or to go?」

と訊かれます。「店内でお召し上がりですか?お持ち帰りですか?」ですね。アメリカではTake outとは言わないようです。直訳表現で日本だけなのかな?

まずはスムージー。僕はグリーン、奥さんはドラゴンフルーツのスムージーです。

 

店内に貼ってあった張り紙。

「Hawai KaiのWalley’s Farmで栽培した、自家栽培の無農薬野菜を使っています。GMOの野菜は一切使っていません」というようなことが書いてありますね。No Sprayといい方をするんですね。

GMOって知ってますか?

GMO=Genetically Modified Organismsの略で、遺伝子組み換え作物のことです。遺伝子組み換え作物(GMO)は、外部から別の生物の遺伝子を入れ、自然にない性質を持たせた作物のこと。
GMOはいま、世界中の農地を占領しつつあります。1996年には170万㌶だった作付け面積は2002年には5870万㌶と広がっています。米国ではダイズの作付け面積の81%、トウモロコシの40%がGMOになっています。日本はダイズ90%強、トウモロコシの100%を輸入してしており、輸入全体に占めるアメリカの比率は、ダイズで約7割、トウモロコシで約9割を占めます。

国は、「人間の健康に影響はない」と言っていますが、これはなんと、たった90日!の実験で、長期的な影響に関しては全くわかっていないのです。一方で、ラットを使った実験では、遺伝子組み換えの植物で作られた餌によって、ほぼ100パーセント、ガンが発生しています。GMO食品に関して、日本ではまだまだ知られていないので、分かりやすそうなサイトのリンクを貼っておきます。ちょっとびっくりする内容だと思いますが、ぜひ読んで見てください。

http://altertrade.jp/alternatives/gmo/gmoreasons

これがすっかりハマってしまったらラップサンドです。Veganese(ビーガニーズ)だから、ビーガン(菜食主義者)のためのラップサンド、ということですね。内容はこんな感じです。

“Veganese”

Mixed Greens and Kale tossed with Apple, Celery, tossed a House-made Thai Peanut Dressing. Topped with Carrots, Cucumber, Red Onions, Peanuts, Sesame Seeds, and Mint

ミックスグリーンとケール、アップル、セロリー、キュウリ、レッドオニオン、ピーナッツ、ゴマ種子、ハウスメイドのタイ風ピーナッツドレッシング、ニンジンのソースに、ミント入り。Tossed、、っていうのがちょっとわからないけど、、、。ソースなどを「かける」とか、添えるとかのニュアンスかな?

ラップサンドの「皮」が、ほうれん草を練りこんであるとのことで、鮮やかなグリーンで、それがまたベジタリアン心をくすぐる。

これで11.95ドル。なんだかんだで、日本円だと1500円くらいになっちゃうかな。スムージーもつけてふたりだと、ランチが5000円くらいになってしまう。オーガニックは高いけれど、個人経営で良い食材を使っている店と、大量に仕入れた輸入野菜を使ったチェーン店と比べたら、まだまだ個人商店の方が利益率は低いでしょう。日々の食事が体を作ると考えると、ジャンクなものは体に入れたくないですね。

オーガニック系の食事というと、味はイマイチ、、、というイメージあるけど、ここのラップサンドは本当に美味しい!ピリ辛のタイ風ソースと、新鮮な野菜がよく絡んで、本当に美味しい。感動ものです。

ちょっとちょっと足りなかったので、サラダも頼んでみました。「本日のサラダ」的なヤツです。これも美味しい。

今回の滞在中は、ほぼ毎日通ってしまいました。最終日は8時の開店と同時に店に行ってパックしてもらい、空港で食べたくらい。

これからハワイに行ったら、ここは毎回必ず毎日行ってしまうと思います。超オススメです。

Hi-Blendのサイト。

http://www.hiblendcafe.com/

 

 

 

 

 

ハワイ旅行記#2・オーガニックなスーパー「Down To Earth」

DSC00726 (1)

動物性食品を全く摂取しない、完全なベジタリアンになって約3年。全く病気もせず(海によく入るので、昨年中耳炎になりましたが)、果物、野菜、豆類中心の食生活では、どんなに食べても体重は50キロ前後で変わりません。冗談ではなく、20代の時より体力には自信があります。 “ハワイ旅行記#2・オーガニックなスーパー「Down To Earth」” の続きを読む

ハワイ日記#1・PAGODA HOTEL

2年4ヶ月ぶりのハワイ旅行。今回は本格的にベジタリアンになって二度目のハワイということで、キッチン付きのホテルをリクエストしてみました。
過去に何度かキッチン付きのコンドミニアムに泊まったことはありましたが、今回は「オーガニックな自炊をする」というはっきりしたテーマがあります。

旅行会社に「キッチン付きのホテル」とリクエストしたら、「キチネット付きのホテルは・・・」という答え方が返って来て、初めて「キチネット」という言葉を知りました。調べてみると、

「キチネットとは、ホテルの客室にある簡易的なキッチンのこと。コンドミニアムで一般的なフルキッチンよりも、キッチン用品や設備が少ない。キチネットでは、電気コンロやガスコンロが1台と小さなシンク、電子レンジ、コーヒーメーカなどがあるが、ホテルや客室により異なる」
という感じです。

アラモアナ・エリアで、そんなに高くないところで・・・というリクエストで選んでもらったのが、今回のPAGODA HOTEL。1964年に出来たということで、けっこう古いけど、僕はアーリーアメリカンなテイストが好きなので、とても好みです。

キチネットはこんな感じ。DSC00435

包丁やまな板、鍋類や、最低限の食器類も揃っているので、食材を買ってくればすぐに使えます。巨大スーパー、Walmartまで歩いて数分なので、すぐに果物などを買って来てキッチン並べると、急に生活感が出ますね。安心します。

ハワイの人はジャンクばかり食べているようなイメージがありますが、こちらのスーパーは野菜も果物も日本よりもはるかに豊富です。農薬使用量が世界第3位の日本に比べれば農薬の使用量も圧倒的に少ないと言われているし、ホールフーズマーケット(Whole Foods Market、アメリカテキサス州を本拠地とするナチュラル&オーガニック系食料品のスーパーマーケット・チェーン)などに行けば、無農薬の野菜も日本よりも手に入りやすいです。

DSC00434

この日の夕食は、スーパーで買ったカット野菜とオレンジに、日本から持参した「緑豆」を鍋で炊いて潰して作った、山口家特製「緑豆ハンバーグ」。味付けは

「しいたけパウダー」を使い、塩分はゼロ。海苔で野菜と一緒に手巻きにしてよく噛んでいただきます。塩分ゼロのローフードにして、初めの頃は物足りなかったけど、慣れれば素材の美味しさだけで食べられるようになりました。塩分も多少は大事、というけれど、自然界の動物で「精製された塩(Nacl)を摂取するのは人間ですからね。人間も、本来は食べ物に含まれるミネラルだけで十分なんだそうです。

DSC00430

 

外食をしても、玄米を出すレストランも多いし、オーガニック系の店も実は多いのです。次回はそのあたりもレポートしてみようと思うので、お楽しみに。

PAGODA HOTELへのリンクはこちら!