村の学校へ、檜原中学校公演

昨日は東京でただ一つの村(島部を除く)、西多摩郡檜原村の檜原中学校での演奏&講演でした。檜原村のことは知っていたが、もちろん行くのは初めて。全校生徒25名程度の小さな学校だ。公演は学校ではなくて、檜原中学校から歩いて10分くらいのところにある「檜原村ふれあいセンター」というところのホール。

朝7時半に家を出て、自宅近くの茅ヶ崎海岸インターから新湘南バイパスに入り、そのまま圏央道、1時間ほどで八王子西インターを降りて、一般道を檜原村へ。快適なドライブ。窓を開ければ、山の空気が美味しい。完全に観光気分(笑)。

控室から見える風景。

控室にて、今日の山口岩男バンド。左から高橋結子(パーカッション)、山口岩男(ギター、ウクレレ)、小宮哲朗(チェロ)。

パーカションのケッチャンこと高橋結子さんは、関口和之バンドで一緒で、もう長い付き合い。数々の有名アーティストのサポートを務める、超売れっ子ミュージシャン。チェロの小宮くんは、昨年知り合ったばかりなんだけど、アドリブをこなせる貴重なチェロ奏者で、作曲家としても帝国ホテルのCM音楽などを担当してます。

僕の楽器は、ギターがTakamineとGreg Bennett。Greg BennettはL.R Baggsのマグネット・ピックアップを増設しています。Takamineはスラッキー専用で、Greg Bennettはレギュラーで使っています。ウクレレは彩雲弦楽器工房の「ら風楽-らふら-」。コアのコンサートウクレレ、この日はLow-Gで使いました。アンプはイタリア製のACOUS。これは素晴らしい!最近はどこに行くにもこれを持って行くようになった。重たいけど、音は最高。

ケッチャンのセット。いつもたくさんの楽器を持ってきてくれて、ありがとう。

小宮くんのチェロ。確か、チェコスロバキア製と言っていたような、、、チェロのことはよくわかりませんが(笑)、東ヨーロッパの町並みが臭ってくるような、枯れた音がします。

お昼は、時々取り寄せている青森産の無農薬りんごと、うちの畑で採れたゴーヤとミニトマト、あとは八百屋で買った紫水菜、サニーレタス、パプリカのサラダ。ドレッシングはカシューナッツをミキサーにかけてペースト状にしてチーズ風にしたもの。塩分、油分はなしです。

前半はスライドを使っての「食育セミナー」的なトークを交えながら。

中学生たちに、

「加工食品が溢れている今の時代、口から体に入れるものに気をつけないと、あっという間に太ってしまうよ」とアドバイス。僕が90キロ近くまで太ってしまった衝撃の写真を写した時は、生徒さんたちはもちろん、先生方も固まってしまっていた(笑)。

自然豊かなこの村の子供達も、街に出ればジャンクなものを食べたい!と思ってしまうだろうから、今日のキツい講演が効いてくれるといいな。

手拍子でいろんなリズムを叩いてもらったり、フィンガースナッピング(指パチ)をやってもらったり、歌ってもらったり、ケッチャンが貸してくれたパーカションで効果音を出してもらったり、、、みんな、ありがとね。楽しかったね。

最後は、代表の生徒さんから花束をいただきました。

その生徒さんがとても可愛らしくてね。

最後に、小宮くんのチェロをフューチャーして葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」を演奏したんだけど、花束を渡す前の「お礼の言葉」で、

「最後の曲、なんでしたっけ?……情熱の、南極大陸?でしたっけ?とっても良かったです」

・・・情熱、まで言えたのにね(笑)。大爆笑。最後に全部持ってかれちゃったよ(笑)。

みんなほんとに、可愛かったな。

この村に高校はないから、生徒さんの多くはあと数年でこの村を離れて行くことになるのだろう。バスで行けるのはあきる野市までで、本数も少ないので、多くの生徒さんが家を離れることになる。まだまだ幼い彼らの顔を見ながら、ちょっと切ない気持ちになったな。

「みんな、これからいろんな経験をするでしょう。納得いかないことや、理不尽な思いをすることもたくさんあるでしょう。大人になるということは、時に、この世が楽園ではないことを知ることです。世界は不平等や争いに満ちています。そんな世界で、幸せに生きるには、いつも誰かに喜んでもらえることをする、誰かの役に立とうと努力し続けることです。いつも笑顔を忘れずにね!」

みんな、元気でね。僕もたくさん元気をもらったよ!ありがとう、檜原村のみんな!

「山口岩男ゴールデン☆ベスト」発売記念イベント@銀座・山野楽器本店

人生、ホント何が起こるかわからない。まさかこんな日が来るなんで思わなかった。銀座のど真ん中のCDショップに、29年前、25歳の僕の写真が並んでる。何度見ても信じられない思いがしたよ。告知期間が10日しかなかったにも関わらず、超満員になり、これまたビックリでした。みんな、待っててくれたんだね。胸が熱くなりました。

1989年発売の、僕のファーストアルバム「開戦前夜」。幻のアナログレコードとカセットテープをファンの方が持って来てくださいました。ファーストアルバムはCD、LP、カセットと3週類のメディアでリリースされたのです。セカンドアルバム「I BELIEVE…」もカセットが出ていたことを、この日初めて知りました(笑)。

これがファーストアルバム「開戦前夜」のLP。

これがカセット。

なんでも長くやるもんだね(笑)。

久しぶりに「SSW・山口岩男」としてのライブが決まりました!

「山口岩男 LIVE 開戦前夜 AGAIN 2017 at 下北沢440

~さよならするぜ 夢をしばる すべてのものに~

「山口岩男ゴールデン☆ベスト」発売を記念して、久しぶりにシンガーソングライター山口岩男としてのライブです!プレイヤーに、1988年に渋谷Eggmanや横浜ビブレなどで活動していた時のメンバーである大谷哲範(キーボーディスト、織田哲郎バンドでも活躍)、サックスに茅ヶ崎出身の渡辺てつを迎え、アコースティック編成ながら、ロックテイスト満載のLIVE!28年目の開戦前夜。一緒に盛り上がろうぜ!

Date20171123日(木・祝)

Place:下北沢440(フォーフォーティ)

Open 18:30 Start 19:00

Fee 前売り¥4,000 当日 ¥4,500(+1 drink ¥600

Member

山口岩男(Vocal/Guitar

大谷哲範(Keyboads1988年、第1期山口岩男バンドのメンバー

渡辺てつ(Sax,Flute)

チケット発売 9/9(土)

山口岩男 オフィシャルサイト内の特設ページにてお求めいただけます。

【9/9(土)発売】「山口岩男 開戦前夜 AGAIN 2017 at 下北沢440」〜さよならするぜ 夢をしばる すべてのものに〜

イープラス

http://eplus.jp/(携帯&PC

会場となる下北沢440(フォーフォーティ)では、予約を受け付けておりません。ご来店いただいての「店頭販売」のみとなっております。

実家でのベジな夕食

山形県天童市の実家にて、昨日の夕食です。

ほとんどが茅ヶ崎と実家の畑の野菜で、お店で買ったものはアボカドとキヌアだけです。

2013年の後半からベジタリアンになったので、もう4年近くになりますが、いまだに肉も魚も、乳製品も摂らないというと、「えっ!」という顔をされます。そして、そのあとに必ず、

「それで、たんぱく質はどうするの?」

と聞かれます。豆には良質のタンパク質がたっぷり入っているし、野菜にもたくさん入っています。カール・ルイスはじめ、今やベジタリアンのアスリートはたくさんいるし、70過ぎて3時間半のロックンロールショーを難なくこなすポール・マッカートニーもベジタリアン。スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツ、Facebookの考案者・マーク・ザッカーバーグ、古くはアインシュタインや、日本の歴代の高僧をはじめ、仏陀もベジタリアンですね。頭のいい人が多い(笑)。

ベジタリアンの有名人に関しては、以下を参考にしてください。あんな人も、こんな人も。ちょっとビックリかも!?

ベジタリアンは歴史に残る、超有能な著名人・偉人・芸術家ばかり!「菜食は体に悪い・肉を食べないと死ぬ」は、完全な思い込みだった!

2016年、東京工業大の大隅良典栄誉教授が、体内でたんぱく質を再合成する仕組み「オートファジー」を解明しました。

大隅研究室の公式サイトなどによると、オートファジーとは、細胞に核のあるすべての生物が持つもので、その細胞の中で起こっている分解作用。細胞内に作られた膜が、分解するたんぱく質などを包み込んで分解酵素を含んだリソソーム(細胞小器官)や「液胞」と呼ばれる器官と融合することで分解しています。

オートファジーの作用では、不要になったたんぱく質などを細胞自身がリサイクルし、新しいたんぱく質を作る材料にしたり、細胞内をきれいに保つ役割などをしていることがわかっています。食事で摂りきれないたんぱく質は、オートファジー作用で再生産しされたたんぱく質が補っており、これが生命維持に重要な働きをしていると考えられている。大隅良典教授は、その仕組みを約30年前に解明して以来、研究を続けていたのです。

また、体内に溜まった過剰な動物性たんぱく質(特に、乳製品のたんぱく質)がガンを引き起こすことが近年わかって来ています。

なのに、世間ではまだまだ肉を食べなさい!乳製品を摂りなさい!という感じですね。

そんなわけで、僕の場合は果物、野菜、豆類、海藻類、そばなどを毎日たくさんいただき、とても快適に生活しているのですが、やっぱり、

「野菜しか食べないって、どんな感じの食事なんですか?」

と毎日のように聞かれているので(笑)、たまにこうして日々の食事を紹介したいと思います。

昨日から山形の実家に帰っています。父親が高齢で一人暮らしなので、毎月のように実家に帰っているのですが、いつも車に食材を積んで帰ります。茅ヶ崎と藤沢の畑で作った野菜(夏場はスイカも)と、実家の家庭菜園の野菜で、ほぼ100パーセント自家栽培の無農薬野菜での食事です。

昨日の夕食。

1、きゅうり、青じそ(茅ヶ崎の畑)、トマト(実家の畑)、アボカド(市販のもの)のサラダ。

2、ナス(茅ヶ崎の畑)を油を使わずに素焼きにして、自家製の味噌を載せたもの。

3、実家の畑に自生しているハネージュ・メロン。(上の右端)「なんだか知らないけど、生えて来た」とは、父親の弁。捨てたタネが実ったんでしょうね。

4、キヌアを炊いたもの。キヌアは南米アンデス山脈の、標高3000m近くに生育するアカザ科の植物で、宇宙食としてNASAも指定したスーパーフード。キヌアを食べると長生きし、病気の回復も早まることが知られ、古代インカの人々は「母なる穀物」として主食にしていました。近年の健康ブームで見直され、我が家では米の代わりに常食しています。

5、ひょう(スベリヒユ)のおひたし。どこにでも生えている雑草ですが、山形ではこれをおひたしにして食べます。

こんな感じで、実家の畑に生えていたのをむしって、おひたしにしたものです。

ひょうは、抗酸化物質の一つであるグルタチオンを多量に含んでおり、ビタミンB、マグネシウム、鉄分も豊富です。そしてひょうには、オメガ3脂肪酸が植物の中で一番多く含まれているのだそうです。オメガ3脂肪酸を摂るには、青魚やアマニ油などを摂るとされいてますが、どこにでも生えている雑草にたっぷり含まれていたなんて、これは食べるしかないですよね!

6、そして、「夏野菜の重ね煮で作るラタトゥーユ」(右下)。トマト、ナス、ピーマンは全て茅ヶ崎市柳島の畑の無農薬のもので、油は使ってません。重ね煮を作るときに少しだけ塩を使っていますが、野菜は重ね煮にすることで、十分な旨味が出ます。

「重ね煮」に関しては、こちらをごらんください。

重ね煮について

動物性たんぱく質は体を酸性にします。また、動物性たんぱく質はガンの大好物。一方で、植物性たんぱく質は体をアルカリ性にし、ガンを抑制します。

僕はこのような食生活にしてから、20代の頃のように体力があると感じています。何しろ体が軽い軽い!

今朝の体重、49.95kg。今朝、朝風呂に行った寒河江市の天然温泉「ゆーチェリー」にて。

山口岩男ゴールデン☆ベスト、マスタリング終了!

8月30日に、古巣の日本コロムビアから、「山口岩男ゴールデン☆ベスト」が発売されることになりました。「堺正章ゴールデン☆ベスト」とか、「ちあきなおみゴールデン☆ベスト」とかあるでしょ?アレです。レコード会社共通の企画で、最近はたくさん出てますね。

これといったヒット曲もないのに、30年近く前の楽曲たちを集めて出してもらえるとは、本当にうれしい。1989年から、1996年までのコロムビア在籍時代のベスト盤。まだウクレレではなく、シンガーソングライターとしての活動だけだった頃なので、全て僕が作詞作曲した歌です。

先日、マスタリングに立ち会うために、コロムビアのマスタリング・ルームに行って来ました。通い慣れた赤坂ではなくて、今は南麻布のビルの中にあります。

アナログのマスターテープが残っていた4~6枚目のアルバムに関しては、なんと当時のマスターテープを実際に回して、改めてデジタル・リマスタリングするのです。ということは、当時のマスターテープと再会できるということ。これはもう、遠足の前日並みにワクワクするよね!

これが当時のマスターテープ。さすがメジャーは違うなぁ。きれいに保管されていました。感激!

100年の歴史を持つコロムビアは、美空ひばりさんをはじめ、過去のお宝音源をハイレゾ配信したり、重量版のアナログで再発したりしているので、あらゆる種類のテープに対応すべく、オープン・リールが再生出来るデッキもちゃんとメンテされて、いつでも準備O.K!になっています。ちなみに、もうこれらの再生機は製造されていないそうなので、今あるのが壊れたら終わり。1台だけ特注で作るとなっても、製造ラインそのものも、開発者もいないので、実際はほとんど無理!な世界ですね。

テープ幅1インチのマスターテープ。カセットテープが0.15インチなので、8倍以上の面積を、テープスピード毎秒38cmでブン回す。ちなみにカセットは、毎秒4.75cmなので、カセットの何倍になるのかな?とにかく、音をよくするには「幅を広げて、速く回わして、情報量を稼ぐ」という、超アナログな技法。テープ一巻で数万円の世界です。

20数年振りのご対面。

さて、肝心の音ですが、、、

なんていい音なんだろう!こんなにいい音で録れていたんだ!アナログはやっぱり低域の豊かさが全然違うよね。アルバム「I AM A ROCK」の「GRADUATION DAY」なんかは、小田原豊(レベッカ)のドラムと、美久月千晴のベースの絡み&グルーヴが、まるで目の前で演奏しているかのよう。5枚目のアルバム「The Acoustic」も恐ろしく良い音で録れておりました。

ちなみに、ファーストアルバム「開戦前夜」から、サードアルバム「LOST PARADISE」までのマスターはデジタルだったので、デジタル→デジタルで処理されています。もう時代はデジタルだったんだけど(1988-1991)、4枚目「I AM A ROCK」からエンジニアリングをお願いした伊東俊郎さんがこだわりの人で、マスターをアナログ・テープにしてくれていたのです。おかげで、25年経って、こんな楽しい想いをすることが出来ました。

今回マスタリングをお願いしたのは、日本コロムビア株式会社スタジオ技術部チーフマスタリングエンジニア・田林正弘さん。今や巨匠ですね。興味深いお話を伺いながら、素晴らしい音に仕上げていただきました。

しかも今回のCDは、コロムビアが開発した高音質CDUHQCD」でのリリースです。

UHQCDについてはこちら!

http://columbia.jp/uhqcd/

ジャケットはこんな感じです。1989年リリースの記念すべきファーストアルバム「開戦前夜」の時のアウトテイクです。裏ジャケもその時の撮影で、なぜか明け方の河口湖大橋で撮ったもの。

カメラマンは、吉田拓郎の「元気です」や、「かぐや姫さあど」、中島みゆきの全作品のジャケットを手がけた、「タムジン」こと田村仁さん。このころはアルバム1枚2000万くらいかけてましたから(笑)。凄い時代でした。

発売日は2017年8月30日です。Amazonでは予約開始しています。

Amazonでご購入の方は、下記リンクからどうぞ!

https://www.amazon.co.jp/dp/B0725NY82D

ぜひ、今の時代に蘇った山口岩男の世界をお楽しみください。

生きててよかった・・・(^_^;)

【収録内容】~山口岩男本人が選曲しました~

1 真夜中のリバー・サイド:(開戦前夜、1989)

2 開戦前夜:(開戦前夜、1989)

3 Frozen Night:(開戦前夜、1989)

4 長距離電話のむこうの街:(I Believe…1989)

5 I BELIEVE・・・:(I Believe…1989)

6 今夜、パーキングエリアで:(LOST PARADISE 1990)

7 渡るべき多くの河:(LOST PARADISE 1990)

8 GRADUATION DAY:(I AM A ROCK 1992)

9 Singin’ In The Rain :(I AM A ROCK 1992)

10 空:(The Acoustic 1992)

11 もう一杯だけ…:(The Acoustic 1992)

12 最後のStation:(遠い昔僕らは…1993)

13 心の中でつぶやく名前:(遠い昔僕らは…1993)

14 きっとまた会える:(旅に出ようよ 1996)

15 愛が見える時:(アルバム未収録 1993)

16 ウクレレ・クリスマス:(アルバム未収録 1991)

7月25日の日記

いつものように、朝3時半に起きました。毎朝体重を計ります。

ベストの50キロ。

4時に、藤沢の畑に行きました。今日は草取り。夏場は大変なことになるからね。

草取りをしている時に、間違って、まだ小さいスイカを切ってしまいました。

イチゴもまだ少し採れたよ。

まだ全然熟してないのですが、こちらの不手際で切ってしまったスイカちゃん、、、ごめんね。早速帰っていただきました。

小さいのは先日やはり、間違って茎を切ってしまった子。スイカは縦横無尽に茎を這わせ、雑草に紛れてしまうので、草取りは大変なのです。市販のものは、やっぱり除草剤を使っているのかな。ウチは完全無農薬、除草剤不使用です。

スイカのあとは、ウチの奥さん特製のボール。普通ならヨーグルトなんかをベースに使うんだろうけれど、ウチは動物性食品を一切摂らないので、この日は「カボチャのタネで作ったミルク」です。一晩水に浸しておいたカボチャのタネに水を入れて、ミキサーにかけると、こんな感じになるんです。タネは緑色だけど、中は白いから。

キウイ、バナナ、さっき畑で摂ったイチゴに、パセリを載せて。チョコみたいなものはカカオ・ニブ。

一晩水に浸けた、カボチャのタネ。これをミキサー(Vatamix)かけて、ミルク状にします。

そのあとは海へ。今日はフィンをつけてボディボード。

3ヶ月、ずっと取り組んでいたウクレレの楽譜の締め切りが終わったので、今週はのんびり過ごせるのです。

夜はこんな感じで、野菜づくしのローフード。加熱しない食事をいただきます。

パスタは玄米パスタ。これは市販のものですが、美味しいです。グルテンフリーを実践しているので、小麦のパスタは使いません。スムージー、冷製スープは畑で採れたモロヘイヤをメインにしたもの。

自給率もだいぶ上がって来ました。最終的には「自給自足」を目指したいのです、ホントに。

今度の土日は、こんなイベントに参加します。土曜日はクローズドのレセプションでの演奏ですが、日曜日はイベントの最終ステージを努めます。

https://ofj.or.jp/

僕らの体は、食べたもので出来ている。

でも、ホントに毎日快調で、毎日楽しい。食べ物ですべてが変わるんだなぁ。