初めてのイチゴ

遂にイチゴを収穫しました。現在、茅ヶ崎と藤沢の2箇所で畑をやっていますが、藤沢の方はビニールハウスもあるので、こちらの方が早いです。この日は朝7時前に畑に行って、採りたてのイチゴと、持って行ったリンゴで朝食。

ウクレレも持って行って、ビニールハウスの植物たちに生演奏を聴いてもらいました。甘くなるかな?

植物は嘘をつかないからいいね。人間みたいに悪口を言ったりイヤミを言ったりしないしね(笑)。

ここのところ、人間関係でちょっと疲れることが続いたので、畑で植物たちと触れ合うとホッとします。

IMG_1398 DSC00390 DSC00389 IMG_1393

今日は母の誕生日。

 

今日、4月25日は僕の母、智子さんの80回目の誕生日です。もし生きていれば、です。僕の母は56歳で亡くなりました。胃ガンでした。ガンがわかり、「あと数ヶ月の命」と言われた時に、僕が真っ先に思ったことは、「自分の弁当箱くらい、自分で洗っておけばよかった」という事でした。
 
高校の時、家に帰ると僕は弁当箱をカバンから出して、いつも台所のテーブルにポンとただ置いていました。母はそれを毎日洗っては、翌日また弁当を詰めて僕に持たせてくれたのです。母が毎日僕の弁当を洗う時間はほんの数分だったかもしれませんが、3年間だと相当な時間になったでしょう。もし僕が、母の人生がこんなに短いと知っていたなら、弁当くらい自分で洗っておけばよかった、と僕は心の底から思いました。母の貴重な時間を、僕の弁当箱を洗う時間に使わせてしまった、と僕は後悔したのです。
 
人はみな、限りある人生を生きています。そして、時々それを忘れて貴重な時間を無駄にしてしまう。若い頃は、人生は永遠に続くような気がしますが、50歳を過ぎれば、誰もが親や友人たちが亡くなることを経験し、人生はそんなに長くはないことを感じ始めます。
 
あと2年で、僕は母の年齢を超えてしまいます。自分よりも母が年下になるなんて、変な気持ちです。
 
まだ親が生きているみなさんは、どうか生きているうちに親への感謝を伝えてください。病気をしないように、食べ物に気をつけてください。酒を飲んで無駄な時間を過ごさないでください。
 
智子さん、80歳のお誕生日、おめでとう。僕に人生を与えてくれてありがとう。いつか違う世界であなたに会えることを信じています。
 
Today, April 25th is my mother Tomoko’s 80th birthday If she is still alive.My mother passed away at the age of 56 by stomach cancer. The thing that I first thought when I got to know she is cancer and she will be dying in few months, was that “I should have washed my lunch box by myself”.
 
When I was in high school, when I got home I took out a lunch box from my bag and always just put my kitchen table.My mother washed it every day and packed the lunch again the next day and let me have it.
 
It may have been only a few minutes for my mother to wash my lunch every day, but for three years for my high school days, it would have been a long time.
 
If I knew that my mother’s life was such a short, I thought from the bottom of my heart that I should have washed my lunch box by myself. I regretted that her valuable time was used to wash my lunch box.
 
Everyone lives a limited lifetime but sometimes we forget it. When we were young, a life feels like it will last forever, but after the age of fifty, everyone experiences about parents and friends dying and starts to feel that a life is not so long.
 
In another two years, I will exceed my mother’s age. It will be strange feeling that my mother will be a younger than me.
 
If your parents are still alive, please tell your appreciation to your parents while they are alive. Please take care of the food so as not to get sick. Please do not waste time drinking alcohol.
 
Tomoko, congratulations on your 80th birthday. Thank you for giving me a life. I believe that I will meet you someday in a different world.
 
1966年、僕の生まれ故郷山形県天童市の舞鶴公園にて。左から、父、僕、母、昨年亡くなった母の妹、恒子。

山口家_20160703.jpg

1966年、僕の生まれ故郷山形県天童市の舞鶴公園にて。左から、父、僕、母、昨年亡くなった母の妹、恒子。

今日の晩ごはん

一日一食にして約二週間が過ぎました。

今日の晩ごはんは、山形名物・納豆汁と、お惣菜。

IMG_9995

納豆汁の具は、

1、納豆
2、うちの畑の採りたてネギ
3、大根(近所の農家)
4、にんじん(近所の農家)
5、ワラビとぜんまい(山形の、水煮)
6、こんにゃく(群馬)

味噌は去年仕込んだ自家製です。

おかずは、

1、蒸し焼き野菜
2、黒インゲン豆の水煮
3、大根の煮浸し

IMG_9996

お米は今日はなし。米を食べるのは週に2回くらい。

タモリ、ビートたけし、三枝成彰、福山雅治など、「一日一食」の有名人は結構いるのです。オバマ元大統領も一日一食だったとか。

もの凄く体を使うような仕事をしてるのでなければ、50過ぎたらこれくらいで十分。ここ3年くらい、調子の悪い日は一日もなし!

今日、畑で収穫したネギ。

 

IMG_9984採りたてのネギは甘くて最高です^^

松田麻美子講演会に行って来ました

今年の初めに出会い、今後の僕の食生活の指針として「これしかない!」と思った「ナチュラル・ハイジーン」。1985年にアメリカで出版され1300万部を売り上げた「Fit For Life」によって広く知られることになったアメリカ発の食生活の考え方で、マドンナや、レニー・クラヴィッツなども実践している事で知られている。これの日本版の監修・翻訳をされたのが松田麻美子先生である。
昨日はその松田麻美子先生の講演会に行ってきた。
昨日講演会が開かれた東京両国のホテルのカフェにて、松田麻美子先生と。
素敵!お若い!麻美子先生は大学留学で渡米されて今年で40年!だそうだ。もちろんお年は存じ上げないが、信じられない若さ。足なんかありえないくらい細く、まるでアイドルのようなスタイルだ。僕はこういう仕事なので、女優さんやアイドルとテレビ局やスタジオで見かけたことがあるが、
「浅香唯」や、「黒木瞳」を見たときと同じくらい衝撃を受けました(笑)。

「ナチュラルハイジーンとは」
 
ナチュラルハイジーンとは、アメリカの医師たちによって生まれた健康理論です。
1985年にアメリカで出版された書籍『FIT FOR LIFE』によって、広く知られることとなりました。
日本語訳「フィット・フォー・ライフ」は2006年に出版されています。ナチュラルハイジーン(Natural Hygiene)は
わかりやすく訳せば「自然健康法」といったところでしょうか。その内容は、「人間の体に、健康のために必要な条件を与え
傷つけるものを与えないことによって体内外の衛生を保つ」というものです。ここで言われている「必要な条件」とは、1.新鮮な空気と水2.体の生理機能構造上ふさわしい食事

3.十分な睡眠や休養
4.適度な運動
5.日光
6.ストレスマネージメント
です。空気、運動、日光の3つの条件は、
空気のきれいな時間に30分以上の有酸素運動(ウォーキング)を週5日行えば、
満たすことができるでしょう。
睡眠、休養、ストレスマネジメントの必要性については、
一般に知られているとおりです。

ナチュラルハイジーンでは基本的に、
「プラントベースのホールフード」の食事をすることを提唱しています。「プラントベースのホールフード」とは、
「植物性の食品を、そのままの形で食べること」
です。基本的にこれだけ。精製されたものではなく、生きていた時の
形がわかる状態で、全体をいただくということだね。
例えばリンゴなら、リンゴのジャムやジュースではなくて、リンゴの実を丸ごと(皮ごと)いただくということ。
そんな我が家の今日のお昼ご飯はこんな感じです。
img_8452
生のカブをスライスしてパスタ状にして、かぼちゃクリーム(何も加えない)ものをかけて、ほんの少しお塩とコショーで味付けした
カルボナーラ風と、地元の無農薬野菜だけを使ったサラダ。お昼はこれだけです。
来年の4月9日、東京で松田麻美子先生とのコラボ講演会が決定しました!
詳細は近日中に発表します。
会場では、実際にナチュラルハイジーンに基づいたお料理を召し上がっていただきながら、僕のライブもあります。もちろん、
僕の畑の無農薬野菜も使うよ〜!うまく行けばだけど(汗)。
a4_20170409-2
 

藤沢でも畑を始めました。

物事って、展開し始めると、こちらが意図してないスピードで、どんどん進んでいくことがあるね。今回の「畑」は、ものすごいスピードで展開して、あっという間に、

15坪が30坪、30坪が180坪になってしまった!

のだ。

茅ヶ崎に引っ越してきて、「畑をやりたいなー」と思っていたら、ふとした縁で、近所に畑を借りることが出来た。やり方も教えてもらえるし、道具や肥料も小屋のを使っていいよー、という、理想的な条件で!畑仕事をしていると、自然と周りの畑の方と話をするようになる。ある日、隣の畑の方と話していると・・・

「娘婿の実家が藤沢の農家なんだけど、そこの畑を今私一人でやってるの。300坪もあるのよ。でも私も年だし、一人じゃとてもやりきれない。もし良かったら手伝ってくれないかしら?」

ということで、お手伝いしつつ、300坪の半分の150坪をやることになってしまった。

ビニールハウスまである!

img_8305

 

まずはお芋さん系の収穫をお手伝いしました。サツマイモは、「紅あずま」「安納芋」「紫芋」、それに里芋。収穫はしませんでしが、八つ頭もあります。

 

img_8302

サトイモ。山形県人は里芋をよく食べるので、うれしいです。恥ずかしながら、里芋がこんな風に埋まっていることを知らなかった・・・(^_^;)。

みなさん、知ってましたか?

img_8303

サツマイモと、サトイモの「親いも」。この親いもの周りに、僕らがイメージするサトイモがくっついてるんだね。

周りの景色です。田んぼもあります。藤沢は「湘南の都会(笑)」っていうイメージがあるけど、こんなところもあるんです。ここは、バスも通ってないみたい。

img_8294

この日の収穫。

青いのは、イチゴの苗と、空芯菜。右上は「隼人瓜(はやとうり)」です。

img_8307

畑を初めてまだほんの少しだけど、どんどん世界が広がっている。今までの僕は、ほとんどの場合「音楽」を通した人間関係しか築いてこなかった。そういう機会もなかった。でも、茅ヶ崎に住んでからは、音楽以外での地域の人間関係が広がっていく。

僕がずっと関わってきたウクレレの世界は、今や音楽というよりは「仕事以外の人間関係を築く場所」になっている。多くの趣味ごとがそうだと思う。都会では多くの人が、自宅から遠く離れた職場に通い、地域での人間関係を築くことは難しい。女性はそうでもないが、男性の場合は特にそうだろう。「会社での人間関係」と、「主にSNSでコミュニケーションする、趣味の集まり」が主で、「地域社会でのコミュニケーション」はほとんどないのではないか?

僕もこういう仕事だし、引越しは多かったし、離婚もしてるし、子どももいないので、18歳で実家を離れてから30年以上、ほとんど地域での人間関係というのはなかった。なので、こういう地域のさまざまな活動に参加したり、音楽では絶対に出会わないような人たちと触れ合うのは本当に楽しい。若い頃はそういうのが煩わしくて嫌だったんだろうけど、この歳になるととても心地いい。

そして、音楽の趣味を含めて、ほとんどの趣味が、

「消費するだけ」

である。お金がかかるのである。これからは、野菜作りのような、

「生産するコミュニティー」

が重要になってくるのではないか?と思う。

「地域との繋がり」

「食べ物を作ること」

「消費する趣味から、生産する趣味へ」

野菜作り、楽しいよ〜!!

そのうち、

「無農薬湘南野菜・山口農園」

とか看板立てちゃおうかな(笑)。

 山口岩男・11月のライブ情報


山口岩男 秋の訪れ スラッキー&ギター、ウクレレライブ
2016/11/06(日)
OPEN 18:30 START 19:00
 ミュージックチャージ ¥2,500

本厚木:Bar HATIS

神奈川県厚木市寿町3-7-15 (小田急線・本厚木駅・7分)

ご予約・お問い合わせ
BAR HATIS 046-244-5528(19:00-02:00)
(株)オーシャンビュー 050-5892-0701


ナツメグカフェ 10th ANNIVERSARY LIVE 2016 IWAO yamaguchi LIVE

2016/11/11(金)
OPEN 18:00 START 18:30
料金¥3,500-(1ドリンク付)
場所:三浦海岸・ナツメグカフェ
〒238-1010 神奈川県三浦市南下浦町上宮田3418-4
http://members2.jcom.home.ne.jp/nutmegcafe/
ご予約・お問い合わせ
ナツメグカフェ 046-807-0277
(株)オーシャンビュー 050-5892-0701

2016/11/20(日)
OPEN 18:00 START 18:30
¥3,000-(1ドリンク付)

山形県天童市:竹蔵蕎麦 やま竹

ご予約・お問い合わせ 竹蔵蕎麦 やま竹 023-653-2116 (水曜定休)

 2016/11/22(火)
OPEN 18:00 START 18:30
3000円(ワンドリンク付き)

山形県西村山郡河北町:矢ノ目糀屋「 糀屋カフェ たんとkitchen」 土蔵

999-3511山形県 西村山郡河北町 谷地 甲 90

ご予約・
お問い合わせ

矢ノ目糀屋、「 糀屋カフェ たんとkitchen」
0237-85-0330